自動車保険等級割引

自動車保険等級割引制度と保険料の割引率

事故を起こした時の自動車保険の割引率は上がりますが、負担額を考えると等級数が高いときに事故を起こしてしまうのと、低いときに事故を起こすのでは違ってきます。例えば、17等級の人が事故を起こすと今までより5%割引率が減るだけですが、6等級の人なら40%保険料が増えることになります。

自動車保険の割引制度は、等級制度以外にも割引対象となる条件を設定している保険会社があります。21歳未満不担保や、30歳未満不担保といった運転者年齢条件と保険をかける車を家族に限定した、運転者家族限定です。また、運転者を契約者本人に限定するものもあります。

自動車保険に加入している人でも、事故を起こしたとき保険を使うか使わないかの選択をする場合があります。これは、事故を起こすことで次年度からの保険料の割引等級が下がるか、場合によっては割り増しになってしまうので、等級によっては保険を使わない方が結果として安く済むことになるからです。

自動車保険をパソコンからオンライン契約で申し込むと、保険会社に来店して契約するよりもさらに保険料が割引かれるものもあります。等級の割引に限らず、さまざまな割引制度が保険会社によって設定されているのが現状です。自動車保険の検索サイトで比較検討してみるのも賢い方法だといえます。

【関連リンク】

ネット割引のあるお得な自動車保険の紹介&無料一括見積もりで徹底比較!自動車保険を自分で比較検討する時代と言うのはもはや事故が起きた時のことを自分で責任を持つ時代になったといえます。現在大手の自動車保険は20社以上あります。いままでは自動車保険は東京海上や、住友火災などの会社で取り扱われていましたが、最近ではこれらの損保以外でも生保なども扱っています。またネットで申し込みするとなんと最大4,500円割引になるアクサダイレクトなどかなりお得な保険会社もありますよ♪

>>>ネット割引でお得に自動車保険見積もり!ic_pikapika.gif

edit

cms agent template0039/0040 ver1.003