ネット割引のある自動車保険会社やお得な一括見積もり比較情報。自動車保険は損害保険の中で最大規模の保険であり、保険料は全損害保険の中の約60%を占めています。まさに自動車保険は我々の日常生活にもっとも密着した損害保険といえます。また、自動車保険の見積もりを無料で行う会社がたくさんあります。ネットでいろいろな自動車保険を無料で一括見積もり比較もできますので、まずはこうしたサービスを利用して自分のライフスタイルにあった自動車保険を選びましょう♪
New Entries

自動車保険等級割引制度と保険料の割引率

事故を起こした時の自動車保険の割引率は上がりますが、負担額を考えると等級数が高いときに事故を起こしてしまうのと、低いときに事故を起こすのでは違ってきます。例えば、17等級の人が事故を起こすと今までより5%割引率が減るだけですが、6等級の人なら40%保険料が増えることになります。

自動車保険の割引制度は、等級制度以外にも割引対象となる条件を設定している保険会社があります。21歳未満不担保や、30歳未満不担保といった運転者年齢条件と保険をかける車を家族に限定した、運転者家族限定です。また、運転者を契約者本人に限定するものもあります。

自動車保険に加入している人でも、事故を起こしたとき保険を使うか使わないかの選択をする場合があります。これは、事故を起こすことで次年度からの保険料の割引等級が下がるか、場合によっては割り増しになってしまうので、等級によっては保険を使わない方が結果として安く済むことになるからです。

自動車保険をパソコンからオンライン契約で申し込むと、保険会社に来店して契約するよりもさらに保険料が割引かれるものもあります。等級の割引に限らず、さまざまな割引制度が保険会社によって設定されているのが現状です。自動車保険の検索サイトで比較検討してみるのも賢い方法だといえます。

【関連リンク】

ネット割引のあるお得な自動車保険の紹介&無料一括見積もりで徹底比較!自動車保険を自分で比較検討する時代と言うのはもはや事故が起きた時のことを自分で責任を持つ時代になったといえます。現在大手の自動車保険は20社以上あります。いままでは自動車保険は東京海上や、住友火災などの会社で取り扱われていましたが、最近ではこれらの損保以外でも生保なども扱っています。またネットで申し込みするとなんと最大4,500円割引になるアクサダイレクトなどかなりお得な保険会社もありますよ♪

>>>ネット割引でお得に自動車保険見積もり!ic_pikapika.gif

自動車保険比較サイトと保険のサービス種類

現代のように車の数も少なかった時代には、自動車保険を比較するほど保険の種類も多くはありませんでした。生活がだんだん豊かになっていくと、10代や20代で車に乗る人が増えてきました。すると、年齢の若い人ほど事故を頻繁に起こすことが分かり、年齢によって保険金額が設定されるようになりました。

自動車保険を比較するとたくさんの自動車保険があることが分かります。取り扱う会社も最近増えてきたのは、災害保険を取り扱う損保に加え、生命保険会社が参入してきたからだと言えます。それまでは、病気、入院を専門とする生命保険会社が、年金保険や終身保険、自動車保険まで取り扱うようになりました。

自動車保険比較サイトで調べられる保険会社の種類は、サイトによって違います。保険の窓口インズウエブならサイトの中で最も多い19社の自動車保険の比較検討が出来ます。最近では大手スーパーイオンが提供するイオン保険Marketが分かりやすい比較を提示してくれるので人気があります。

自動車保険の比較検討をするために、個人情報を入力したことから、いろいろなDMが自宅に届いたりすることも考えられます。まずは、自分の加入している自動車保険について詳しく知ることが大切です。その上で、サービスや割引価格などを客観的に自分で他の保険と比較することがベストだと言えます。

【関連リンク】

自動車保険一括見積もり&ネットで比較して最適な保険を選びましょう。自動車保険を比較するとたくさんの自動車保険があることが分かります。取り扱う会社も最近増えてきたのは、災害保険を取り扱う損保に加え、生命保険会社が参入してきたからだといえます。ただし選択の幅が広がった反面どの保険会社を選んだらいいのか迷うのが現状でしょう。そうしたときはネットで無料の一括見積もりをして比較検討するのがいいでしょう。またネット割引のあるアクサダイレクトの自動車保険もおすすめです♪

>>>自動車保険一括見積もりをネットで比較!ic_pikapika.gif

自動車保険見積もりと各種保険の組み合わせ

自動車保険は予期せぬ自動車事故に備えるための保険であり、現在では我々の生活に最も密着した保険の一つです。自動車保険は法令により加入が義務付けられている自賠責保険と、任意で契約する任意保険から構成されており、任意保険では自賠責保険で保障しきれない部分をカバーする二重構造となっています。

強制保険である自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)により自動車1台1台に対し加入が義務づけらています。任意保険は文字通り任意加入の保険であり、大きく分けて、「対人賠償保険」・「対物賠償保険」・「搭乗者傷害保険」・「自損事故保険」・「無保険者傷害保険」・「車両保険」・「人身傷害補償保険」の7つがあります。

任意で加入する自動車保険はいろいろな組み合わせができるのですが、自家用自動車総合保険では自家用車を対象にほぼすべての任意保険がセットになっています。自動車総合保険では自家用・営業用を問わず、車両保険以外の任意保険がセットになっています。自動車保険では各種保障をある程度好きなように組み合わせることが可能です。ドライバー保険は車を持っていない人が他人の自家用車を運転するときの保険です。

規制緩和の流れに乗り自動車保険も業界の競争が激しくなっています。外資系保険会社の進出も盛んで、最近ではリスク細分型自動車保険と呼ばれるリスク要因を細かく分け保険料を細かく設定した自動車保険も登場しています。また、ネット通販専用の自動車保険会社も登場しています。消費者としては自己責任のもとで賢く保険会社を選別していきたいものです。

【関連リンク】

おすすめ&評判の自動車保険会社選び、ネットで複数業者一括見積もり比較情報。ネットの自動車保険比較サイトには、保険の窓口インズウエブや、保険スクウェアbangなど多くの会社があります。それぞれのサイトには自分の現在の自動車保険状況を調べるサイトをもっています。まずは無料の一括無料見積もりをして、複数の保険会社から自分にあった保険を比較検討しましょう。また、またネットで申し込みすると4,500円も割引のあるアクサダイレクトなどのかなり価格的にお得な保険会社もありますよ♪

>>>おすすめ!評判の自動車保険見積もり業者ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003